所在地 Facebook お問い合わせ
  • 教室案内
  • 診療案内
  • 医療関係者の方へ
  • 研修案内
  • ホーム
研修案内

研修について

私たち慶應義塾大学医学部呼吸器外科では、臨床能力の高い呼吸器外科医の養成を目指しています。

1.後期研修から呼吸器外科へ:

慶應の外科は一つの外科学教室ですので、最初に外科学教室に入局していただきます。
その後、1~2年間は消化器外科を中心とした研修を慶應の関連病院で行い、その後に専門分野(消化器外科、心臓血管外科、小児外科、呼吸器外科)への入局を決定します。
そのため呼吸器外科への入局は卒後4年目あるいは5年目となります。

2.慶應呼吸器外科での研修:

呼吸器外科に入局を決定したら呼吸器外科の関連病院あるいは慶應大学病院の呼吸器外科での研修を行います。
呼吸器外科の3,4年間の臨床研修を行います。

3.大学院コース:

大学院コースでは特に規則はなく、どの時点からも大学院に入ることもできます。
大学院では基本的には臨床2年、研究2年です。
大学院は授業料(年間約110万円)が必要ですが、奨学金が出る場合が多いこと、アルバイトができることから、基本的には通常のレジデントと収入の差はほとんどありません。
大学院中に留学することも可能です。

4.慶應以外からの入局:

大歓迎です。また慶應の呼吸器外科の約50%は慶應義塾大学以外の出身者です。

5.慶應での研修終了後:

慶應義塾大学医学部の規則により少なくとも卒後10年目以降には慶應以外の施設に出向する必要があります。
出向の最初3年間は症例数の多い病院(High volume center)に勤務をして、さらに呼吸器外科医としての技術と経験に磨きをかけます。
卒後10年目には呼吸器外科学会の専門医の取得し、その後留学、関連病院での責任者、大学での指導者などとなります。

問い合わせ先

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
TEL 03-3353-1211
Email:kyoheimasai@keio.jp