MENU

医師紹介

淺村 尚生

教授/診療部長

プロフィール

氏名 淺村 尚生
職位 教授/診療部長
認定資格等 日本外科学会外科専門医・指導医
呼吸器外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医学博士
略歴 1983年
慶應義塾大学医学部卒業
1983年
慶應義塾大学病院 外科 研修医
1986年
国立がんセンター中央病院 専修医
1992年
国立がんセンター中央病院 呼吸器外科 医員
1997年
Mayo Clinic、Memorial Sloan-Kettering Cancer Center留学
1999年
国立がんセンター中央病院 呼吸器外科 医長
2009年
独立行政法人 国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科 科長
2010年
同 副院長(診療担当)
2014年
慶應義塾大学医学部 外科学(呼吸器) 教授
現在に至る
教職 ソウル国立大学胸部心臓血管外科客員教授
杏林大学医学部客員教授
学会役職 日本肺癌学会常任理事、評議員、肺癌取扱い規約委員長、世界肺癌学会病期委員会副委員長、日本呼吸器外科学会評議員、UICC(世界対癌連合)TNM委員会日本代表委員、UICC日本委員会TNM委員長、など
趣味
医師を目指したきっかけ 子供の頃は戦闘機のパイロットになるのがずっと夢でしたが、高校の頃、父が狭心性を起こして某病院の心臓血管外科へ入院することになりました。その折、担当してくださった先生の凜々しさ、逞しさに心動かされ、医学部へ進むことにしました。
やりがいを感じる瞬間 やはり外科医ですから、手術が上手くいって会心のできだったときと実感できるとき、患者さんからの”ありがとう”という言葉を頂くときです。
信条 "Boys, be ambitious"。
何事も困難に立ち向かい、努力しないと何も得ることはできません。外科医の修練もそうで、忙しくても大変でも、困難に敢えて立ち向かうことで初めて、なかなか手に入れることのできない「宝物」を得ることができるのだと思います。

ページの先頭へ戻る