所在地 Facebook お問い合わせ
  • 教室案内
  • 診療案内
  • 医療関係者の方へ
  • 研修案内
  • ホーム
教室案内

教室の概要

慶應義塾大学医学部 外科学教室 肺外科研究室は1950年(昭和25年)に開設され、胸部外科の一部門を構成する時代を経て、平成4年に独立した診療科、外科学(呼吸器)となりました。我が国の呼吸器外科では有数の歴史を有します。

三田に建てられた医学部予科校舎(大正7年竣工)三田に建てられた医学部予科校舎(大正7年竣工)

「蓄積された技術と経験を生かし、根治性を損なうことの無い手術を行います」

肺癌を中心に、転移性肺腫瘍、胸膜中皮腫などの悪性疾患に対する手術や集学的治療を行っています。 特に肺癌の診断・治療については、他科と連携したカンファレンスを行い、専門家の知識・経験を集約し最善の治療法を提案します。
その他、肺良性腫瘍、縦隔腫瘍、気胸、肺結核性抗酸菌症、膿胸、胸部外傷、漏斗胸、胸壁腫瘍などの肺および胸壁に対する手術を行っています。

「結核外科から発展した肺切除の技術と、がんセンターで培われた肺癌治療の融合」

前田和三郎教授は早くから肺結核の外科治療に着目し、1937年加納保之先生を国立療養所村松晴嵐荘に派遣し、肺結核症の外科治療に専念させました。
現在の慶應呼吸器外科の礎となり、本邦初の気管分岐部切除が行われるなど呼吸器外科学の先駆的な役割を果たしました。

信濃町の大学病院開院式信濃町の大学病院開院式
信濃町に建てられた医学部本科東校舎(大正9年竣工)信濃町に建てられた医学部本科東校舎(大正9年竣工)
医学部鳥瞰図(昭和15年頃)医学部鳥瞰図(昭和15年頃)

1947年、研究分野の分担が確立され、石川七郎助教授が呼吸器外科学を担当することとなりました。1962年、石川先生は,当時新設された国立がんセンターに赴任し、本邦における肺癌研究の指導者として活躍し、同センター病院長、総長を歴任しました。

2014年10月、淺村尚生教授が就任され、国立がん研究センターで培われた肺癌研究と、結核外科から発展してきた慶應大学が融合し、新たな時代を切り拓きます。